music , 2019.5.5

5/5(sun) GW special event

GW期間中、5/1(wed)・5/3(fri)・5/5(sun)は、スペシャル企画として、豪華アーティストによるMUSIC EVENTを開催

最終日となる5/5(sun)はLIVE&DJ で盛り上がりましょう!

DAY:5/5(sun)

TIME:19:00~

ENTRANCE FREE

 

Live

orange pekoe

DJ

櫻井喜次郎

谷口慶介(Playwright/Think! Records)

君嶋麻里江

 

orange pekoe

ナガシマトモコ (ヴォーカル、作詞)と藤本一馬(ギター、作曲、編曲)により1998年に結成。 ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウルなど様々な音楽を独自に昇華し、20021stアルバム『Organic Plastic Music(BMG Japan)のセールスが35万枚を超え、メジャーデビューとともに幅広い支持を獲得。「日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を初め数々の賞を受賞し、収録曲「Happy Valley」は史上初となるFMラジオ32局のヘビーローテーションを獲得。  ライブにおいては、歌とギターのデュオ編成、レギュラーバンド編成、また総勢18名によるビッグバンド編成など様々な形態で開催。 3rd作『Poetic Ore; Invisible Beautiful Realism(BMG Japan)の全国ツアーでは、NHKホールでのファイナル公演をDVDとしてリリース。 アジア各国、ニューヨークでのCDリリースやライブ公演など、海外でも幅広い支持を獲得。  またCDジャケットや映像作品を中心に、アートやファッションとのコラボレーションも多数。そのヴィジュアルワークにも注目が集まる。  作品ごとに常に新しいサウンドを展開し、現在まで8枚のオリジナルアルバムをリリース。 2013年リリースの7thアルバム『Oriental Jazz Mode(KING RECORDS)では、中近東、北アフリカ、またアジアなどを含むオリエンタルな要素をミクスチャーし新たな境地を開拓。 2014年にはビッグバンド/ジャズオーケストラ編成で録音された最新作『orange pekoe with the Big Band Party Night!!! (KING RECORDS)をリリース。 ライブでは既にファンの間で人気曲の「Wanderer Soul」を初収録し、代表曲「LOVE LIFE」はライブヴァージョンにて収録されるなど話題に。  2016年より拠点をNYへ移し、ライブ活動などを行なう。その後、2018年にはLAに拠点を移す。 2019年帰国し日本での活動を再開。  その他、それぞれソロとしても活動。 藤本一馬はギタリストとしてこれまで4枚のソロ名義作品をリリース。 2016年の最新作«FLOW»(SPIRAL RECORDS)では林正樹(pf)と西嶋徹(cb)とのトリオを軸にアルゼンチンからシルビア・イリオンド(vo)、ブラジルからジョアナ・ケイロス(cl)を迎え録音。これまで国内および海外の多数のアーティストと共演し、ジャズやクラッシク音楽だけでなくワールドミュージックリスナーなど幅広い支持を得る。  また、ナガシマトモコは初のソロ・プロジェクト’Nia’1st アルバム『NIA(KING RECORDS)2012年にブルックリンにて録音。 NY で活躍する新進気鋭のジャズミュージシャン達とともに制作され、新世代ネオソウルサウンドを追求。 2014年の国内発売に続き、20154月には米国盤、ヨーロッパ盤もリリースされ、Wax Poetics JapanとのコラボレーションによるDJ SpinnaNia’Natural Law’REMIXなどと共に話題となる。

 

櫻井喜次郎

1998年にDJとしてデビュー以来、東京、大阪でのレギュラーイベントをはじめ、数多くのパーティーを主催。
“MilfordSound(ミルフォード・サウンド)”名義にて「Chegade Saudade」を始め、数多くのコンピレーションCDに楽曲を提供。アナログEP「Love songEP」をリリースするも、発売と同時に完売。2012年から”tres-men(トレメン)”を結成。3枚のアルバムをリリースし、FM/TVでの多数オンエアとタイアップ、そして国内外のDJ達にスピンされジャズ / クロスオーヴァー界に大旋風を巻き起こした。
DJプレイにおいてはオールジャンルで非常に評価が高く、中でもジャズ、クロスオーバー、ラテン、ソウルを得意とし、常に希少性の高い選曲には定評がある。

 

谷口慶介 Keisuke Taniguch

  • Playwright / Think! Recordsディレクター 

1996年より渋谷BALLにてDJ活動をスタートし、出会ったバンド「playa(プレイヤ)」の音源リリースをきっかけに、 2002年ディスクユニオン内の制作レーベル「DIW THE GARDEN」活動開始。 2005年ディスクユニオンのスタッフが集いそれぞれの頭文字を取って命名した“Think! Records”始動、世界中の音源をジャンル問わず復刻することをメインに現在も活動中。 201210月よりスタートした新レーベル“Playwright”fox capture plan, bohemianvoodoo等の大ヒットを生み出し、活動3年にしてセールス10万枚を超え、現在も20万枚以上のセールスを記録。 シーンの最重要レーベルへと成長した。  Playwright www.playwright.jp

 

君嶋麻里江(DJ)

レコードの家からやってきた彼女 (a.k.a Big Mamma Funk) が作る料理は、 山盛りの夜のお皿にあふれるメロディー、ぴりりとしびれるリズムたち。 お酒を片手にひとくち食べたら笑顔こぼれる、そんな味。 ミュージシャンのライブツアー、航空機の機内音楽、 サロン・アパレルブランドの発表会等でのサウンドディレクションなど、 腕をふるう選曲はジャズにソウルにファンクにR&B、 火は通さずに生音そのまま、 お好きなコースで召し上がれ。